読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IoTセキュリティガイドラインの公表について

IoTを活用した革新的なビジネスモデルを創出していくとともに、国民が安全で安心して暮らせる社会を実現するために、必要な取組等について検討を行うことを目的とした経済産業省及び総務省の「IoT推進コンソーシアム IoTセキュリティワーキンググループ」は、「IoTセキュリティガイドライン ver1.0」を策定し、公表しています。

■IoTセキュリティガイドラインの概要

◎IoTの新たなセキュリティ上の脅威

IoTでは、これまで接続されていなかった⾃動⾞やカメラなどの機器が、WiFiや携帯電話網などを介してインターネットに接続されることにより、新たな脅威が発⽣し、それに対するセキュリティ対策が必要となった。

◎IoTセキュリティガイドラインの目的等

本ガイドラインの⽬的は、IoT特有の性質とセキュリティ対策の必要性を踏まえて、IoT機器やシステム、サービスについて、その関係者がセキュリティ確保の観点から求められる基本的な取組を、セキュリティ・バイ・デザインを基本原則としつつ、明確化することによって、産業界による積極的な開発等の取組を促すとともに、利⽤者が安⼼してIoT機器やシステム、サービスを利⽤できる環境を⽣み出すことにつなげるもの。

本ガイドラインの⽬的は、サイバー攻撃などによる被害発⽣時における関係者間の法的責任の所在を⼀律に明らかにすることではなく、むしろ関係者が取り組むべきIoTのセキュリティ対策の認識を促すとともに、その認識のもと、関係者間の相互の情報共有を促すための材料を提供することである。

本ガイドラインは、その対象者に対し、⼀律に具体的なセキュリティ対策の実施を求めるものではなく、守るべきものやリスクの大きさ等を踏まえ、役割・⽴場に応じて適切なセキュリティ対策の検討が⾏われることを期待する。

◎IoTセキュリティガイドラインについて

本ガイドラインは、IoT機器やシステム、サービスの提供にあたってのライフサイクル(方針、分析、設計、構築・接続、運用・保守)における指針を定めるとともに、一般利用者のためのルールを定めたもの。

各指針等においては、具体的な対策を要点としてまとめている。

詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ[経済産業省]

http://www.meti.go.jp/press/2016/07/20160705002/20160705002.html